OVERVIEW / 01日本の旅行業界について

旅行業界

年間20兆円以上、拡大し続ける市場規模

観光庁の調べによると、2014年の日本の観光消費額は22.5兆円。日本国政府は観光立国に向けたさまざまな施策を行っていて、2016年には訪日外国人旅行者が2,400万人を超え、東京オリンピックが開催される2020年には4,000万人を目指すとしています。日本の旅行業界はこれからもさらに大きく成長をする可能性がある魅力的なマーケットです。

実は様々なビジネス形態がある旅行会社

図を見ていただければおわかりの通り、旅行会社には、いろいろな種類があります。
その中で、自社ブランドの旅行商品を造成し、店舗や支社などの販売ネットワークを全国各地に持ち、インターネットや他のリテーラーを通じて、さまざまな流通チャンネルで販売しているのが総合旅行会社です。東武トップツアーズも、その区分に属しています。Feelという自社ブランドを持ち、個人はもちろん、多数の法人・団体をお客様として、幅広く、総合的な旅行事業を展開しています。